2chに「「交通】交差点左折での車の幅寄せに賛否。ロード乗り怒りのツイートに「教習所でそう習ったけど」との声も」
 と云うスレッドが昨日の午前中に立ったが既に10スレ目に突入している。
 様々なレスが付いているが、自動車側と自転車側とでの溝が深い案件なんだなと受け止めています。
 原因は昔の道路交通法かなんかで自転車を歩道に押し込めたことにあると私は思うんですがね。
 私も18才で運転免許証を取得して仕事でも趣味でも散々車を乗り回していましたが、自転車の方に意識がどれだけ届いていたかと問われるとなんとも言えないです。
 20年前ほどの事情だと自転車は歩道を走るのが当たり前と云う認識でしたし、実際法的にもそれが推奨されていた嫌いがありました。
 それを前提に学んできた身としては、自転車に対して「車道を走るな」と云う結論を出してしまう人が多発するのも仕方が無いことでしょう。
 しかし実際は「自転車は車両」なんですよね。
 徒歩で歩いている人と比べてスピードレンジは何倍にも膨れ上がります。
 そして金属の塊である自転車が歩道で歩行者と共に移動する、と云うことが既に無理が在り過ぎる事案だと私は思っています。
 しかし実際に自転車で車道を走ってみると見えてくる問題点が多々あります。
 まず一般道の車幅が自動車のみの利用を想定した作りになっていること。
 これは昔以前の法改正で「自転車を歩道に押しのける」ことで問題点を解決した気になって過ごしてきたツケとも言えるでしょう。
 実際のところ、道路は自動車優先で引かれており自転車のことは微塵も考えてない道路が多すぎです。
 なので道路交通法に準拠した走行をしたくてもそれが帰って「危険な事態を招きかねない」ことに繋がることになってしまっています。

 勿論、自転車利用側にも横暴な運転をしている人はいます。
 無灯火、逆走、スマホや傘さし等の片手運転、挙句の果ては信号無視等。
 こんな人達が居るのは何故なのかは、賢い人なら既に分かっているでしょうが、「自転車を歩行者扱いしてきた」ツケだと私は思ってます。
 「自転車なんざ遅いんだから歩行者と一緒に歩道を走ってろ」と思うのが車利用者の大半の言い分の方もいらっしゃるでしょう。
 しかし自転車は、歩道を走るに適しているとは到底思えません。
 先に上げたように「歩行者とはスピードレンジが違う」のだから。
 徒歩のスピードで済むなら徒歩利用者になることも可能でしょうが実際は難しいでしょうね。
 徒歩で済むなら自転車など使わないでしょうから。
 どう考えても自転車を利用するなら車道利用が現実的なんですよね。

 私自身は自動車が好きです。
 人体を超える圧倒的なパワーを筋力が劣る人間であろうとも簡単に出せるその乗り物が。
 加速も素晴らしく人や物も気軽に運べる、私は主に犬を載せていましたがw
 勿論、走行性能に関しても素晴らしい物がある。
 昔は夜な夜な首都高や峠道に繰り出して楽しんでいた時期もあります。
 自動車から教わったことは山ほどありますから。
 なので自動車を嫌おうという気は毛頭ありません。
 ですが、道路交通法だかなんだかが改正されて自転車利用の幅を広げていこうという流れが始まっています。
 私もそれに賛成です。

 自転車は歩道を走る乗り物ではないからです。

 「いずれ」この認識が世間の一般常識となることを願っています。


 珍しく自転車だけの話題だったような気もする。












 


[PR]
 今日はデイケアを休み、彼女と昭島のモリタウンへ。
 目当てのお店はスポーツデポ。
 そこで彼女用のヘルメットを物色しに行きました。
 いつも通り府中郷土の森公園付近で休憩し、そこから昭島へ。
 順調に進んでるかと思いきや、立川市役所柴崎福祉会館付近で転倒してしまう。
 怪我は大したことのない擦り傷程度でしたが頭がクラクラして凄かった。
 直ぐに日陰へ退避して水分(ペットボトルのお茶)とウィダーインゼリーを流し込む。
 糖分を脳へ送ったからか意識は直ぐに回復出来ました、がびっくりした。
 まあ、サンダルなんかで乗ってるからこんな目にあったんだろうなと思ってます、反省。
 その後は問題なく昭島へ到着です。

 9:00出発11:30到着だったので丁度お昼時、南口にある「大勝軒 昭島店」で昼食です。
 私は中華麺で彼女も同じだったのだけど、どんぶりが異様にでかいw
 無難に、彼女は小盛りに変更させて頂きました。
 味は中々、麺は大量(300gもあるらしい)、途中で飽きるかと思ったけどなんなく完食。
 私の舌にはあいましたね、又機会がアレば食べたいです。

 食後はスポーツデポへ向かいます。
 到着したら一直線に自転車コーナーへ向かう。
 そうしないと彼女が寄り道し捲くってしまうのでw
 自転車コーナーにヘルメット売り場に着いて物色を始めます。
 と言っても品揃えが豊富なわけではないのだけど。
 色々試着してみて御眼鏡に適ったのがBELLのCREST R。
 色も気に入ったのかその場で即決してました。

 ヘルメットを購入して直ぐに被って帰路につきます。
 昭島から府中郷土の森公園まで約50分。
 彼女も中々速くなってきました。
 ここで休憩した後、彼女と競争することにします。
 彼女が先に出て私がその2分後び出発、ゴールは稲城大橋のCR分岐地点です。
 私がスタートして28km/hくらいで走ってるのに中々見えません。
 途中の分岐で他の道に入ってしまったのかと後ろを確認しながら走る私。
 正面の視界に彼女の姿が中々見えません。
 何か可怪しい、と思いつつゴール地点に到着すると先着している彼女の姿が視える。
 なんと腕組みして待ち構えてるwww
 此方に気づくとニコニコしながら素振りのジェスチャーをかましてくるwwwwww
 随分速いなと思い彼女に内容を聞いてみるとどうやら知らないロード乗りに着いてったら速かったと云う弁。
 余り知らない人の後ろに着いてただ乗りしちゃいかんよw

 ここから調布飛行場に行ってそこで休憩を取る。
 10分程休んでいたら空模様がなんだか怪しい。
 彼女を自宅まで送ったところで雨が降り出しました。
 ここから私の自宅まで帰宅するのだけど自転車が濡れてしまいそうだ。
 r3を彼女宅に一時置かせてもらうことも考えたが、まだ小雨と云うこともありそのまま帰りました。
 幸いr3は大して濡れなく済んで助かりました。

 走行距離は56.07km、天候は曇りの30℃、波の高さ0.5Mでした。





 


[PR]
 今日もデイケアでのんびり過ごさせていただいた。
 ここのところ、天気予報がぐずっていたためr3を出せなかった。
 明日は晴れみたいなのでr3の補修したタイヤの様子を観るには丁度良さそうだ。
 不具合が起きなければよいです。






 


[PR]
 昨日は土曜日、彼女と自転車で青梅まで行ってみました。
 三鷹を09:00出発、途中昼食を挟んで12:30に青梅駅前到着。
 ルートは多摩湖自転車道の直線を武蔵大和まで進んでそこから旧道の青梅街道沿いでした。
 駅前を過ごして目指したのは釜の淵公園、ここで眺めの休憩を入れる。
 キャンプをやっている人達もちらほら居ましたが彼女が云うにはここはキャンプ禁止らしいw
 ちょっと登ればもう奥多摩湖だしね、怪我では済まないようにはならんようにして欲しいですな。

 帰りは青梅街道から奥多摩街道に入り、既知の場所である羽村堰へ。
 殆どが下り坂なので自分は楽に進めましたね。
 羽村堰からは三鷹まで計三回の休憩を入れて帰宅しました。
 走行距離、77.03km、最高気温32℃、南西の風で午後は1.5mほど気象庁発表でした。

 自宅についてr3のタイヤを手入れしてるとトレッド面がとんでもないことになっていた。
 一部が捲れてケーシングがしっかり見えている。
 一応、ボンドで補修をしたけど、早めに新品タイヤへ入れ替えたほうが良さそうです。
 切断のされ方が鋭利だったのでグレーチングに乗り上げたのが原因っぽい。
 もうグレーチングには余り乗り上げない方が良いかな。
 場合に寄っては乗ることもあろだろうけど、もう少し気を使うことにします。






 


[PR]
 昨日はヨドバシで内装三段のシフターを購入。
 色は黒のピアノタッチ、1530円ほど。
 家に戻って早速取り付けて試走。
 シフトアップは普通、シフトダウンはとても快適。
 既存のシフターはダウン側レバーの戻りが悪く、操作も重かったので換えて正解でした。

 今日はデイケア、のんびり過ごさせて頂きました。




 


[PR]